撮影スタジオの選び方を徹底解説|希望のコンセプトを見つけよう!

近年は、アンティーク調のスタジオからスタイリッシュなスタジオまで、さまざまなスタイルの撮影スタジオがレンタルサービスを提供しています。撮影スタジオごとに特徴があるため、撮影スタジオを借りて動画や写真を撮影すれば、自分好みの世界観を演出することが可能です。

本記事では、撮影スタジオの選び方を解説しています。撮影スタジオのレンタルサービスを利用する際のポイントも紹介しているため、撮影スタジオの使用を検討している方はぜひご覧ください。

1.撮影スタジオの選び方

多くの方が動画サイトへ動画を投稿するようになったことで、個人に撮影スタジオをレンタルしてくれる業者が増加しています。純和風な撮影スタジオからカフェ風の撮影スタジオまで、その形態は多種多様です。
しかし、撮影スタジオのレンタルサービスを初めて利用する際は、さまざまな不安があるのではないでしょうか。そのような方に向けて、まずは撮影スタジオを選ぶ際に重視すべき項目を解説します。

1-1.コンセプト

撮影スタジオを選ぶ際に、最も重要視したいポイントが「コンセプト」です。自分が思い描くコンセプトにマッチした撮影スタジオを選べるかどうかで、動画のクオリティが決まると言っても過言ではありません。

例えば、知的な雰囲気を出したいならスタイリッシュな撮影スタジオ、歴史に関する動画を撮影したいなら純和風な撮影スタジオというように、動画のコンセプト次第で最適なスタジオは異なります。

実際にどのような撮影スタジオがあるのか、下記に一例を紹介します。

・シンプルで使い勝手のよい撮影スタジオ
・カントリーな家具が揃ったボヘミアン風の撮影スタジオ
・自然光を取り入れている開放的な撮影スタジオ
・都会の街並みを一望できる撮影スタジオ
・中世的なデザインを取り入れた撮影スタジオ
この他にも、現在では多種多様な撮影スタジオが存在しています。
コンセプトに合う理想の撮影スタジオを選択できるよう、ホームページの情報などを参考にじっくりと検討してください。

1-2.料金

次に確認したい項目が、利用料金です。「1時間あたり〇〇円」という時間単位や「3時間パック」といったパック単位など、料金システムは撮影スタジオにより異なります。料金システムを事前に確認し、予算と相談しながらレンタルする時間を決めましょう。

また、撮影機材や料理器具など、備え付けの機材をレンタルしてくれる撮影スタジオもあります。無料の機材と有料の機材があるため、機材レンタルの料金設定も事前にチェックしたい部分です。

さらに、撮影スタジオによっては設備管理費など、レンタル料金以外の費用が設定されているところもあります。レンタルにかかるトータルの金額を自分で計算しづらい場合は、撮影スタジオに見積もりを依頼するとよいでしょう。

1-3.撮影場所の広さ

撮影する場所の広さも、撮影スタジオを借りる前に確認しておきたい項目です。あまりにも狭いスペースでは、スタッフが入りきれない場合があります。逆に、少人数の撮影で広すぎる撮影スタジオを借りれば、予算を圧迫するかもしれません。

レンタルする撮影スタジオを決定する前に、実際に足を運んで広さを確認しましょう。

広さや間取り、適切な人数をホームページで紹介している撮影スタジオもあります。時間や距離の関係で直接行くことが難しいときは、撮影スタジオのホームページを確認しましょう。

1-4.立地条件

撮影スタジオの立地は、撮影スタジオを選ぶ際の大切な項目です。 アクセスしやすい場所にある撮影スタジオであれば、撮影のスケジュールや流れを組みやすいというメリットがあります。また、スタッフ全員が集まりやすい場所かということも、撮影スタジオを選ぶときの判断基準となります。

撮影スタジオへ行くのに電車やバスを利用する際は駅・バス停からのアクセス、車を利用する際は駐車場の有無を確認しましょう。

1-5.利用規約

各撮影スタジオにある利用規約には、必ず目を通してください。 例えば、住宅地の近くにある撮影スタジオにもかかわらず、防音加工をしていない場所がある場合、楽器の演奏やダンス、音楽動画の撮影などは禁止されていることがほとんどです。

また、撮影スタジオに備え付けている機材でも、使用してよい備品、使用不可の備品、撮影のみ使用可の備品など、細かく利用方法が定められています。後日トラブルとならないためにも、不明な点は撮影スタジオの担当者にあらかじめ確認しておきましょう。

なお、撮影スタジオを選ぶ際は、複数の撮影スタジオを比較することが大切です。撮影スタジオでは、多様なキャンペーンやイベントを行っています。いくつかの撮影スタジオを徹底的に比較することで、より有利な条件の撮影スタジオを選べるでしょう。

2.撮影スタジオを利用する際のポイント

実際に撮影スタジオを利用する際にも、注意したいポイントがあります。撮影スタジオは動画などの撮影に特化したスペースですが、撮影時にNGとなる項目もあるためです。
継続して利用するか否かにかかわらず、撮影スタジオとよい関係を築くためにも、以下に記載する注意点を確認してください。

2-1.予約時間を守る

利用当日は予約時間をしっかりと守りましょう。遅刻しそうな場合は、撮影スタジオへすぐに連絡を入れるようにしてください。撮影スタジオによっては、現地にスタッフが常駐していないこともあるため、早めの連絡が肝心です。

また、予約時間には撮影機材の搬入や搬出も含まれています。撮影時間だけでなく、搬入・搬出の時間も考慮した、余裕のあるスケジュール調整が必要です。

撮影スタジオを予約する際は、下記のことに留意してください。

・撮影スタジオを利用する日時が確定してから予約する
撮影スタジオを予約してから、スタッフや出演者のスケジュールが変わってしまうと、予約を変更することとなります。頻繁に予約時間を変えることは、あまり好ましい行為ではないため、撮影日が確定してから予約することをおすすめします。

・利用日まで時間的な余裕ができるよう早めに予約する
撮影日が確定したら、速やかに予約を入れましょう。期限が差し迫った予約は、双方でトラブルの原因となります。

2-2.NG項目を確認する

「撮影中はスタッフの雰囲気を盛り上げるためにBGMを流したい」という人もいますが、BGMの音量にも注意が必要です。住宅街の近くにある撮影スタジオや防音設備のない撮影スタジオでは、大音量でBGMを流すと近隣住民からクレームが入る可能性があります。

・ガムテープや画鋲の使用
・土足での使用
・撮影スタジオ内での飲食
・撮影スタジオ内での喫煙
・撮影で生じたゴミの放置
ただし、撮影スタジオによってはが可能なところもあります。また、撮影スタジオ内に限らず、敷地内が全面禁煙となっている場合も少なくありません。

基本的にNG項目は利用規約に記載されているため、利用規約と併せてNG項目もチェックしておきましょう。

2-3.BGMの音量を確認する

「撮影中はスタッフの雰囲気を盛り上げるためにBGMを流したい」という人もいますが、BGMの音量にも注意が必要です。住宅街の近くにある撮影スタジオや防音設備のない撮影スタジオでは、大音量でBGMを流すと近隣住民からクレームが入る可能性があります。

特に楽器を演奏するPV撮影は要注意です。楽器演奏の可否を事前に確認しなければ、近隣住民だけでなく、撮影スタジオとのトラブルの原因となります。
PV撮影をしたい場合は、防音設備が整った楽器演奏可の撮影スタジオを選びましょう。

まとめ

撮影スタジオには、スタイリッシュなスタジオからノスタルジックな雰囲気のスタジオまで、さまざまな種類があります。まずは撮りたい動画のコンセプトをもとに最適なスタジオを検討してください。また、料金や広さ、立地条件も撮影スタジオ選びの重要な基準です。

実際にスタジオを利用する際は、予約時間・NG項目・BGMの音量に注意しましょう。撮影スタジオの選び方や利用時の注意点を押さえ、希望に合う撮影スタジオを探してください。

Pgae top