YouTuber必見!撮影スタジオの選び方と活用法

YouTuberにとって、「どこで撮影するか」は常に頭を悩ませる問題です。

視聴者を惹きつける動画を撮影するためには、魅力的な世界観を演出する必要があります。
撮影場所は動画の世界観に関わるため、決して妥協できません。
もし室内で動画撮影を行うのであれば、「撮影スタジオ」を利用すると、多くのメリットを得ることが可能です。

本記事では、撮影スタジオのメリット・デメリットから、種類と選び方までを解説します。撮影場所に困っている人は、ぜひ参考にしてください。

1.YouTuberが利用できる撮影場所とは?

YouTuberとして動画を撮影する場合、撮影場所の選定は重要なポイントです。撮影場所の雰囲気は、動画の印象を決定付ける大きな要素となります。

代表的な撮影場所は、以下の通りです。

・自宅
・カラオケ店
・公園
・商業施設
・撮影スタジオ

撮影場所として最も多く利用される場所は、「自宅」となっています。自分のプライベートスペースであるため、周囲に気兼ねすることなく撮影できる点は大きなメリットです。また、照明や背景を工夫することで、異なる雰囲気を演出することもできます。

撮影場所として最も多く利用される場所は、「自宅」となっています。自分のプライベートスペースであるため、周囲に気兼ねすることなく撮影できる点は大きなメリットです。また、照明や背景を工夫することで、異なる雰囲気を演出することもできます。

ただし、自宅で動画を撮影する場合、注意点があることも事実です。住所の書かれた書類が一瞬でも映り込んでしまえば、居所を特定される危険性があります。また、実家に暮らしている人であれば、家族の了承も必要です。

そのため、YouTuberの中には、自宅以外の場所で撮影する人も多くいます。例えば「公園」や、カラオケ店などの「商業施設」です。

各スポットには、撮影のしやすさなどのメリットがあります。しかし、カラオケ店などの商業施設では、お店から撮影許可を取らなければならないなど、撮影するためのハードルが高くなっています。公園でも、周囲の人が映り込まないような配慮が必要です。

このような事情から、現在は「撮影スタジオ」がYouTuberの中で注目を集めています。
撮影スタジオは、クオリティの高い動画を撮影できるおすすめスポットです。

2.撮影スタジオを利用する前に知っておこう

撮影スタジオで動画撮影を行うと、充実した設備を利用できるなど、様々なメリットを得ることが可能です。またその一方、料金面などでデメリットも存在します。

撮影スタジオを利用する前に、メリットとデメリットについて知り、よりクオリティの高い動画撮影を目指しましょう。

2-1.撮影スタジオを利用するメリット

撮影スタジオを利用すると、以下のようなメリットがあります。

●設備が整っている
撮影スタジオには、照明などの撮影に必要な設備が整っており、機材の貸し出しや持ち込みもできます。背景や小物が複数用意されている撮影スタジオもあるため、多様なパターンの動画制作をすることが可能です。

●コンセプトにあった撮影ができる
撮影スタジオには、オフィス、キッチン、カフェなど、多様なシチュエーションの部屋があります。そのため、料理動画やパーティ動画、PR動画など、希望のコンセプトに合った動画制作が可能です。

●撮影をスムーズに実施することができる
撮影スタジオは、撮影に特化した場所であるため、撮影許可を得る必要がありません。また、設備などが整っており、機材貸し出しにも対応している撮影スタジオも多く、スムーズな撮影に繋がりやすくなっています。

2-2.撮影スタジオを利用するデメリット

撮影スタジオを利用するデメリットは、以下の2点です。

●料金がかかる
撮影スタジオでは、利用料金がかかります。1時間単位で料金が設定されていたり、パック料金が設定されていたりなど、場所によって様々な料金体系が見られます。そのため、撮影スタジオを利用する際は、事前に料金体系をきちんと確認しましょう。

●同一の撮影スタジオを利用し続けると、似通った印象となる
気に入った撮影スタジオが見つかると、同じ場所ばかりを利用しがちです。しかし、同一の撮影スタジオばかり利用していると、同じような画が多くなり、視聴者を退屈させる原因となります。

撮影スタジオの中には、小道具などを用意している場所もあるため、動画内容に応じて使用し、変化を生み出すことも可能です。撮影スタジオを選ぶ際は、部屋にある小道具などもチェックしておきましょう。

3.撮影スタジオの種類と選び方

撮影スタジオには、いくつかの種類があり、予算や必要な機材に応じて場所を選べます。 ここでは、「多目的レンタルスペース」「YouTube公式スタジオ」「動画撮影専門スタジオ」をピックアップして、それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説します。

      

3-1.多目的レンタルスペース

多目的レンタルスペースとは、文字通り「多目的」な用途に利用できる、貸し空間のことです。多目的レンタルスペースの特徴は、以下の通りとなっています。

・様々な用途に利用できる
・比較的、料金が安価である
・動画撮影用の設備は、整っていないことがある

多目的レンタルスペースは動画撮影のほか、イベント・セミナー・ミーティングなど、様々な利用目的で使えます。

料金はほかの撮影場所と比べて安価です。多目的レンタルスペースの費用相場は、40平方メートルの広さで、1時間当たり2,000~3,000円程度となっています。予算を多く割くことなく、動画を撮影できる点が魅力的です。

その一方で、多目的レンタルスペースは、「多目的」な利用を想定しているため、動画撮影に必要な設備が整っていません。照明などの機材は自分で揃えなければならない点に注意しましょう。

3-2.YouTube公式スタジオ

YouTube公式スタジオは、YouTubeへ配信する動画を撮影する人向けに設立された、専門スタジオです。日本では東京の六本木にあり、チャンネル登録者数が1万人以上を超えている人などが利用できます。YouTube公式スタジオの特徴は、以下の通りです。

・YouTube動画に特化したスタジオである
・スタジオや機材を無料で利用できる
・数が少なく、利用には条件がある

またYouTube公式スタジオは、近い将来、六本木から渋谷へ移転する予定となっています。
渋谷駅近くのビル一棟をすべて使用し、全5フロアの広大な撮影スタジオとなる見込みです。竣工は2020年中に行われ、完成すれば現在のYouTubeスタジオよりも利便性の高い施設となるでしょう。

しかし、現時点でYouTube公式スタジオは需要に対して供給が少なく、利用者が殺到することが想定されます。また、一定数以上のチャンネル登録者数が必要であるため、動画配信を始めたばかりの人は利用できないこともデメリットです。 YouTube公式スタジオを使えるように、自分のチャンネルを成長させましょう。

3-3.動画撮影専門スタジオ

動画撮影専門スタジオは、その名の通り、「動画撮影」に特化したスペースとなっています。手軽に予約・利用でき、スムーズに撮影を進めることが可能です。動画撮影専門スタジオには、以下3つの特徴が挙げられます。

・動画撮影に特化したスタジオである
・動画撮影に必要な機材が揃っている
・専門スタッフによるサポートを受けられるところもある

動画撮影専門スタジオの最大のメリットは、撮影に必要な設備が取り揃えられていることです。カメラやスイッチャー、マイク、業務用モニターなど、プロ用機材を利用することができます。撮影スタジオによっては、専門スタッフによる支援を受けることも可能です。

動画撮影専門スタジオの料金は、撮影スタジオにより様々です。多目的レンタルスペース並みに安価なところもあれば、1日数万円の撮影スタジオもあります。予算や必要な機材を考慮し、自分に合ったスタジオを選びましょう。

まとめ

YouTuberの撮影場所として、「撮影スタジオ」が人気を集めています。 自宅のように住所を特定される危険が少なく、動画撮影をスムーズに行える環境が整っているためです。撮影スタジオでは、機材が整備されているほか、コンセプトに合わせて場所を選択できるメリットがあります。

中でも、「動画撮影専門スタジオ」はおすすめの撮影場所です。
機材の充実度、選択できるスタジオの多様性は、ほかの撮影スタジオよりも優れています。動画投稿の撮影場所で悩む人は、ぜひ動画撮影専門スタジオで撮影することを検討してみてください。

Pgae top