PVの撮影方法と手順|必要な機材やカメラの推奨画質も紹介

昨今、販売促進に力を入れる目的で、PV(プロモーションビデオ)を制作する企業が増えています。広告手段のひとつであるPVによって、商品購入につながることも少なくありません。

しかしPV制作にあたり、「経験がない」「撮影する方法や手順がわからない」など、作ることに不安を抱えている人も多いはずです。そこで今回の記事では、PVの撮影方法と手順を初心者でも分かりやすいように順序立てて解説します。

1.PVの撮影方法と手順

PVとはプロモーションビデオの略称で、音楽関係の映像に限らず商品やサービスの販売促進、企業や技術のアピールなどの目的で制作する映像全般を指します。

近年では、企業のSNSを利用した動画配信やYouTubeなどの動画投稿サイトへの投稿、店頭のモニターによる放映など、さまざまな場面でPVが活用されています。

PVの具体的なイメージが想像できたら、次は絵コンテを制作します。絵コンテとは、映像を図面に起こしたいわゆる設計図です。絵コンテを制作することで、PV制作に関わるスタッフが作品の完成イメージを想像しやすくなります。

また、配信・投稿した映像が話題を呼ぶことで、次の映像制作やテレビ放送用の特別編集バージョンなどを作る可能性もあるでしょう。

まずは、さまざまな可能性を秘めたPVの撮影方法と手順を詳しく解説します。

1-1.撮影計画をたてる

PVを制作する際、まずは撮影計画をたてましょう。撮影計画で決定しておくべき事項は、以下のような内容が挙げられます。

・撮影シーンの数
・ロケーション
・各カットの時間
・各カットの撮影アングル
・人物の配置
・製作期間
・費用

上記事項を決定するために、作りたいPVのイメージが必要不可欠となります。映像をイメージできない場合は、YouTubeなどのサイトを参考にモデルとなりそうな映像を検索してみる手段も有効的です。

PVの具体的なイメージが想像できたら、次は絵コンテを制作します。絵コンテとは、映像を図面に起こしたいわゆる設計図です。絵コンテを制作することで、PV制作に関わるスタッフが作品の完成イメージを想像しやすくなります。

絵コンテ制作で最も大切なポイントは、他の人から見ても分かりやすいかという点です。絵の良し悪しは関係なく、自分の撮りたい映像を伝えることを意識しましょう。

1-2.機材調達・人員確保

撮影計画をたてた後は、PVの制作に必要な撮影機材の調達と人員の確保を行いましょう。撮影に必要な機材は、以下となります。

・カメラ
・三脚
・照明機材
・スピーカー
・マイクセット

PV制作で利用する主なカメラには、ビデオカメラや一眼レフカメラ、ミラーレス一眼、スマートフォンの4種類があります。それぞれのメリットとデメリットは、下記の通りです。

カメラの種類 メリット デメリット
ビデオカメラ ・長時間撮影できる
・動く被写体を追いかけやすい
・音質が良い
・レンズ交換が不可能なため、
ピントをボカした映像が撮影できない
・暗い場所に弱い
一眼レフカメラ ・背景をボカした映像が撮影できる
・暗い場所に強い
・機能が豊富である
・比較的高価な機種が多い
・本体が大きくて重たい
ミラーレス一眼 ・一眼レフにも負けない綺麗な映像が撮影できる
・暗い場所に強い
・小型で軽く、簡単に操作できる
・バッテリーの持ちが悪い
・レンズの種類が少ない
スマートフォン ・いつでも撮影できる
・新たに購入する必要がない
・小型で軽く、簡単に操作できる
・ズーム機能が弱い
・手ブレしやすい

上記の表から、綺麗な映像を撮影したい場合は一眼レフカメラやミラーレスカメラ、動く被写体に合わせて撮影したい場合はビデオカメラなど、制作したいPVのイメージによって選ぶカメラが異なります。です。

そして、映像は静止画の集合体です。カメラには映像の滑らかさを決める、フレームレートと呼ばれる要素があります。フレームレートは1秒間の映像における静止画の枚数を指し、fps(frames per second)という単位で表します。24fpsや30fps、60fpsなど、数値が大きいほど滑らかな映像が撮影可能です。

主に使用されるフレームレートの特徴は、下記となります。

フレームレート 特徴
24fps 映画で採用されることが多く、感情に訴えかけるような映像を撮影できる。
30fps テレビやDVDで採用されており、一般的な動画撮影に向いている。
60fps 30fpsより滑らかな映像が撮影でき、動きのある被写体やスロー編集に向いている。

数値によって特徴が異なるため、PVのイメージに合わせてフレームレートを確認しましょう。

また、編集で使用する楽曲や収録スタジオ、PVに出演する人物の手配も必要です。メインとなる人物以外に、映像内容によってはエキストラを手配する必要があるため注意してください。



1-3.ロケハン

ロケハンとはロケーションハンティングの略で、スタジオ以外のロケ地を探す作業を指します。ロケハンの調査では、主に以下のような作業が必要です。
・ロケ地を探す
・下見を行う
・カメラワークを確認する(カメラのアングルや台数など)
・場所を確保する

紹介した作業だけでなく、当日の動き・流れを事前に確認することも大切です。例えば、時間によって太陽の向きが異なるため人物の立ち位置をその都度変える、人に合わせて立ち位置や顔向きを決めるなど、滞りなく撮影を進めるためのシナリオを作る感覚でロケハンを行いましょう。

また、ロケハンをうまく進めるためにも、使用する予定の撮影機材を持って行ったり、複数人でロケハンを行ったり、時間による自然光の入り方を確認したりなど、屋外で撮影を行う際には起こりうるリスクをひとつひとつクリアにすることが大切です。

1-4.撮影

撮影日当日は撮影計画に則り、過不足なく撮影を行います。しかし、撮影本番は計画通りに進むとは限りません。撮影当日に発生するトラブルは、以下のような例が挙げられます。

・機材が故障する
・撮影スタッフが来られなくなる
・撮影場所でイベントがあり撮影できない
・大雨が降ったり、自然光が入らなくなる
・カメラの容量が足りなくなる

上記のようなトラブルを回避するためには、事前に起こりうる事態を想定し、対策や代w替案などを用意することが必要です。例えば、「予備の撮影機材を用意する」「プランを複数用意する」などが考えられます。発生しうるトラブルを想定し、滞りなく撮影を行いましょう。

1-5.編集

PVの撮影が済んだ後は、写真や音楽などの素材挿入や記録映像の演出・修正を行いましょう。滞りなく映像編集を進めるためにも、動画編集ソフトを機材調達の際に用意して置くことがおすすめです。

PVのクオリティは、編集によって大きく左右されます。編集のコツは、下記の通りです。

字幕を挿入する テロップとも呼ばれる字幕を挿入することで、出演者のセリフや伝えたい事柄が明確となります。
映像を細かくカットする 映像を見てもらうためにはテンポが大切です。視聴者に飽きられないように、無駄な時間は細かくカットしましょう。
トランジションを挟む 映像のカットとカットの間に挿入するアニメーションや画面効果を「トランジション」と呼びます。話題が変わる際にトランジションを挟むことで、視聴者の違和感をなくせます。

制作したPVを多くの人に見てもらうためにも、テンポやトランジションで離脱率を減らし、テロップで伝えたい情報を強調しましょう。

1-6.公開

計画から撮影、編集など、これまでの工程を無事終了させることができればいよいよPVの公開となります。

PVを公開する際は、話題を集められるよう工夫することが大切です。多くの人に映像を見てもらうためには、以下のようなポイントを意識しましょう。

■検索されやすいタイトルを付ける
納得のいくPVを制作したとしても、視聴者に見てもらえなければ意味がありません。実際に映像を見てもらうためにも、内容が気になるようなタイトルを付けましょう。

■サムネイルを工夫する
サムネイルとは、映像が再生される前に表示される画像を指します。クリックしたくなるような画像を選択することで、より再生数を増やせます。

■SNSを活用する
話題を集めるために有効的な手段が、SNSでの拡散です。PVのURLを紹介文と共に投稿し、映像を広めましょう。

字幕とテロップを併用する場合は、文字の大きさや色、フォントや表示位置を変えるなど、字幕とテロップが目立つような工夫をしましょう。
ただし、頻繁に使用するとかえって見にくくなるため、一番強調したい部分だけに字幕とテロップを使うことをおすすめします。

BGMは、場面の転換などに合わせて、複数使い分けることで躍動感を加えられます。
ただし、BGMと映像の雰囲気と合っていない場合は、かえって印象を悪くしてしまう可能性があるため、慎重にBGMを選定しましょう。

2.映像はフルHD以上で撮影しよう

PVを公開する際の動画サイズには、いくつかの種類が存在します。代表的な動画サイズは、以下の通りです。

・3840 × 2160(4K)
・1920 × 1080(フルHD)
・1280 × 768 (HD)

上記の数字は、画素数を表しています。画素数が多いほど、綺麗で鮮明な映像を再生できます。

公開する動画サイズは編集で変更できますが、撮影映像の解像度を上げることはできません。撮影の際にはフルHD以上で撮影することを心がけ、カメラも基準を満たす機種を選択しましょう。

また、4Kは解像度が高く綺麗ですが、配信時の容量もかさみます。さらに、編集時に要求されるPCのスペックも非常に高くなります。4Kで配信する場合には、高性能なPCと大容量の記憶媒体の用意が必要です。

まとめ

PV制作において最も大切ことは、作りたいPVのイメージです。実際にイメージが沸いたら、撮影計画の作成や機材・人員確保、ロケハンなど、撮影やPV公開までに多くの工程を踏まなければなりません。

滞りなく撮影を行うためには、発生しうるトラブルを想定し対策や代替案の用意が必要です。
事前準備をきちんと行っておくことで、予期せぬトラブルにも冷静に対応できます。

こちらで紹介したPVの撮影方法と手順を参考に、自分の作りたいPVを制作してみてください。

制作実績も豊富なため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Pgae top