インタビュー動画の活用事例・かっこいい映像を作るコツ!

さまざまな媒体で展開される映像作品が増えた昨今では、娯楽やコマーシャル以外にも、会社紹介を目的とした動画を目にする機会も多くなっています。
広報の一環として行ったインタビュー動画を公開したことで、会社のイメージや売上がアップしたという導入事例は少なくありません。

そこで今回は、インタビュー動画の活用事例や制作するメリット、制作に必要なものに加え、動画を作る際のポイントやコツについても解説します。

1.かっこいいインタビュー動画の活用事例

インタビュー動画は、さまざまな場面で使用が可能です。
以下では、かっこいいインタビュー動画の主な活用事例を、3つ紹介します。

【会社広報】経営者のインタビュー
会社が向かう将来のビジョンや大切にしたい理念などを、文字だけで正確に伝えることは簡単ではありません。
動画を通した経営者の生の声で、未来への展望や会社のサービスへの思いを発することにより、視聴者へ強いメッセージと事業に対する熱量を伝えることが可能です。

経営者をかっこよく演出することで、会社のイメージや社員からの信頼も上昇するでしょう。

【採用活動】社員のインタビュー
リアルな職場の様子は、求職者とのミスマッチを防ぎやすくなります。

社風や、働いている社員の表情・雰囲気・タイプといった文字で伝えづらいものは、映像にすることで格段に理解しやすくなるでしょう。
社屋のおしゃれなデザインもひとつのアピールポイントです。

【商品PR】お客様の声のインタビュー
商品を購入したお客様の声を集めたインタビュー動画は、同じ商品に興味がある人にとって大きな説得力を持つ情報です。
画像や文字だけの商品説明よりも分かりやすく、細かいニュアンスも伝わりやすいため、購入後にクレームが来る可能性が減少するでしょう。

また、使用後の感想だけでなく、実際に使っているシーンを公開することも、お客様への商品PRに有効です。

2.インタビュー動画を制作するメリット

かっこいいインタビュー動画は、売上アップや応募者を増やすなどの目標達成のための強力なツールになります。
以下では、インタビュー動画を制作するメリットを、3つの観点から紹介します。

【会社広報】ブランディングにつながる
明確なイメージを動画で表現することで、企業のブランディングにつなげることが可能です。
映像・音楽・肉声を使用することにより、画像や文字だけの写真や静止画とは異なり、視覚や聴覚からお客様へ訴えかけることができます。

また、動画はイメージとして頭に残りやすいため、ブランディングをより強固に浸透させることが可能でしょう。

【採用活動】求職者に社内の様子が伝わる
求職者に向けた、社員のインタビュー動画では、現場の臨場感と実際に働いている社員の熱意を伝えられます。
また、職場の内観、社員同士のやり取り、社内の雰囲気などは、文章で表すよりも動画の方が分かりやすく伝わります。

また、先輩社員が実際に働いている様子や、上司・同僚との関わり合いを見せることで、入社後の自分を想像してもらいやすくなります。
生き生きと働く先輩たちの姿や職場の雰囲気を映し出すことで、求職者の好感度や入社意欲が上がるだけでなく、会社と親和性の高い人材からの応募も期待できるでしょう。

【商品PR】興味を引いて購買意欲を高める
実際に商品やサービスを購入し、利用したあとのリアルな感想は、インタビュー動画を視聴したお客様の購買意欲をかき立てることが可能です。
商品の使用感やサービスの満足度が伝わりやすいため、購入を検討している場合は、商品PRのインタビュー動画が購入を決断する後押しとなるでしょう。

3.インタビュー動画の映像制作に必要なもの

かっこいいインタビュー動画を撮影するためには、最低限必要なものがあります。
以下では、映像制作の際に必要なものを紹介します。

●カメラ
インタビュー動画では、映る人の表情を綺麗に撮る必要があります。
できればフルHD、最低でもHD以上の画質で撮れるカメラを用意しましょう。

人物撮影機能やブレ防止機能が付いていると、より撮影しやすくなります。
また、撮影場所が狭い部屋の場合は、広角短焦点レンズもあると便利です。

●三脚
インタビュー動画は静止した状態で撮影することが多いため、カメラを三脚で固定してしまえば、手ブレなどで映像が乱れる心配がありません。
三脚はカメラと互換性があるものを、撮影にスマホを利用する場合はスマホ専用の三脚を選びましょう。

●マイク
撮影用のマイクは、大きく「ガンマイク」と「ピンマイク」の2種類があります。

ガンマイクは感度が高く離れた位置からでも明瞭な音声を録れる反面、高価で扱いが難しい部分もあります。
ピンマイクは安価で扱いやすい反面、映像内に映り込むことは避けられません。

どちらにも利点と欠点があるため、予算や好み、今後の使用用途などを考慮して選ぶとよいでしょう。

●照明
職場の照明や自然光だけで映すよりも、撮影用の照明を使用することで、人の表情や室内の雰囲気も明るく撮影でき、より美しい映像に仕上がります。

●PC・映像編集ソフト
撮り終わったインタビュー動画は、より見やすくするために、無駄な部分のカットやテロップを入れるなど、PCによる編集作業が必要です。
簡単に編集したい場合は手軽な無料ソフトを、細かい部分まで編集したい場合は機能が充実している有料ソフトを利用しましょう。

4.インタビュー動画の作り方のポイント・コツ

無計画にインタビュー動画の撮影を始めると、理想通りに編集ができず、後から撮り直しが発生する場合があるため、注意が必要です。
撮影前・撮影中・撮影後のそれぞれに制作ポイントやコツがあります。

かっこいいインタビュー動画を作成するために、以下から紹介するポイントとコツを理解しましょう。

4-1.【撮影前】事前に動画の目的と内容をまとめる

撮影を始める前に、インタビュー動画を作成する目的を明確にしましょう。
あらかじめインタビュー動画の目的を明確に定めておくことで、企画・インタビューの内容や、どのようなカットを撮影するべきかが決まります。

また、インタビューを受ける人がプロでない以上、インタビュー中に言葉に詰まったり考え込んだりする場面は少なくありません。
自然な受け答えを促すためには、撮影の流れやインタビューの内容を事前に伝え、質問の回答や心の準備をさせておくことが大切です。

4-2.【撮影中】さまざまなアングルから撮影する

インタビュー動画の収録では、カメラの正面に人が座り、質問に対して答えていくことがほとんどです。
何も工夫をしなければ、バストショットのまま大きな画面の変化や動きがない単調な動画となるため、視聴者が途中で飽きる可能性があります。

最後までインタビュー動画を見てもらうために、正面だけでなく左右や後ろ、俯瞰や手元といったさまざまな角度からの映像も用意しましょう。

また、インタビュー動画以外にも、仕事の様子・社内の様子・会議の様子など、インサートカット用の映像も撮影すると、よりイメージしやすい動画を作成することができます。

4-3.【撮影後】編集でテロップやBGMを工夫する

インタビューのなかでも強調して伝えたい部分は、テロップやBGMで変化を持たせることが大切です。

字幕とテロップを併用する場合は、文字の大きさや色、フォントや表示位置を変えるなど、字幕とテロップが目立つような工夫をしましょう。
ただし、頻繁に使用するとかえって見にくくなるため、一番強調したい部分だけに字幕とテロップを使うことをおすすめします。

BGMは、場面の転換などに合わせて、複数使い分けることで躍動感を加えられます。
ただし、BGMと映像の雰囲気と合っていない場合は、かえって印象を悪くしてしまう可能性があるため、慎重にBGMを選定しましょう。

まとめ

かっこいいインタビュー動画にはさまざまなメリットがあり、動画の出来次第では目的達成のための強力なツールとなります。

ただし、魅力的で高品質なインタビュー動画を撮影するためには、機材購入費として、それなりの費用がかかることも事実です。
また、カメラマンとしての経験や技術がなければ、上手に撮影や編集を行うことはできません。

会社内に撮影・編集のノウハウを持った社員がいない場合は、プロの映像制作会社に依頼しましょう。
インタビュー動画の制作であれば、低コストで高クオリティの動画が作れる、「ちゅるんカンパニー」がおすすめです。

制作実績も豊富なため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Pgae top