動画編集のコツ・テクニック|プロと素人の違いを踏まえて解説

近年、動画共有サービスの普及により動画市場は拡大しており、多くの人が動画編集に取り組む時代となりました。しかし、動画編集は簡単なものではなく、コツやテクニックがなければクオリティの高い動画を作成することは難しいです。

そこでこの記事では、動画編集のコツやテクニックについて、プロと素人の違いを踏まえて解説します。これから動画編集のコツを身につけて、スキルを高めたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.【動画編集のコツ】プロが持っている「視点」を持つ

動画編集のコツとして重要なことは、プロと素人の違いを理解しておくことです。プロと素人の違いを生み出すポイントとしては、次の2点が挙げられます。

  • テクニック
  • 視点の有無

テクニックに関しては、次の項目から重要なポイントを取り上げるため、ここでは動画作品に対する視点の有無の重要性について解説します。

視点とは、物事を観察する角度(捉え方)であり、動画作品にあるテーマ・メッセージのことです。プロの作品には必ず視点が存在しますが、素人の作品にはテーマ・メッセージが曖昧で単なる記録に終始しているケースが少なくありません。

動画制作のプロは、第一段階で作品のテーマ・メッセージを明確化します。明確化したテーマ・メッセージにもとづき完成作品をイメージして、制作を進めることが一般的です。
そのため、プロの作品は単なる記録動画ではなく、視聴者の心に響くような動画に仕上がります。

2.【動画編集のテクニック①】ストーリーに沿って動画素材を編集する

動画編集の第二段階では、次の3つの作業を行います。

◯動画素材を編集ソフトに取り込む

動画編集を始める前に、編集ソフトに動画素材を取り込むことが必要です。編集ソフトに取り込む動画素材としては、次のようなものが挙げられます。

  • 映像
  • BGM
  • 効果音
  • テロップ
  • イラスト

効率良く動画編集に取り組むためには、普段からBGMや効果音、イラストなどの素材を集めておくことがおすすめです。
動画素材は無料で手に入れられるものが多くあります。そのため、あらかじめストックしておいて、動画のテーマに合わせたBGMやイラストを、すぐに取り出せるように整理しておきましょう。

◯ストーリーに沿って動画素材を並べる

動画素材の取り込みが完了した後は、一度動画を確認してみましょう。メインとなるシーンや面白いシーンをピックアップして、動画の全体像をイメージします。

そして、ストーリーに沿って動画素材を並べます。動画素材を並べ替える時は、最初に決定した作品のテーマ・メッセージを意識してください。自分が伝えたいメッセージをしっかりと伝えられるように、動画素材の並べ替えを行います。

◯不必要な部分をカットする

不必要な部分をカットすることで、内容を簡潔に伝えることができるため、クオリティの高い作品を作れます。不必要な部分をカットする時のポイントは、次の通りです。

  • 言葉が詰まっている部分はカットする
  • 「あー」や「えー」などの余計な言葉をカットする
  • 言葉と言葉の間をカットする

このようなポイントを意識することで、リズム感・スピード感を演出できるため、テンポ感のあるクオリティの高い動画に仕上げられます。

3.【動画編集のテクニック②】テロップ・BGM・効果音を挿入する

動画編集の第三段階では、テロップ・BGM・効果音を動画に挿入することで、動画のクオリティをさらに高めます。ここでは、各作業のポイントについて解説するため、参考にしてください。

◯テロップ

テロップには、いくつかの種類があります。種類の違いを踏まえて、適切なテロップを出すことが大切です。

  • 出演者のセリフ
  • 動画の内容に関する補足説明
  • 出演者へのツッコミ

出演者のセリフだけではなく、動画の補足説明のテロップを加えることで情報量を増やすことが可能です。また、出演者の発言・行動に対して、テロップでツッコミを入れることによって、面白さをプラスできます。

テロップを入れる時には、文字やデザインなど最低限のルールを決めておきましょう。具体的には、以下のようなルールです。

  • フォントのサイズ・色
  • 字幕、タイトル別のテロップ装飾
  • 強調する時に使う色

入れるテロップにルールを決めておくことによって、編集の作業効率を上げることができます。さらに、マニュアル化すると、他の人に作業を依頼する時に便利です。

◯BGM

BGMは動画の印象を大きく左右するため、非常に重要な要素となります。そのため、動画を公開しているアカウント・チャンネルのコンセプトや、動画の内容に合ったBGMを選ぶようにしましょう。
フリーの音楽トラックでも様々なBGMを手に入れることができるため、普段から探してストックしておくことをおすすめします。

また、BGMをつける時には、以下のことを意識しましょう。

上記のことを意識すると、動画にアクセントが出るため、視聴者の離脱を防ぐことに繋がります。

  • 1つのBGMを連続させない
  • 場面ごとにBGMを切り替える
  • 強調したい場合には、BGMを切る

上記のことを意識すると、動画にアクセントが出るため、視聴者の離脱を防ぐことに繋がります。

◯効果音

BGMに加えて、効果音をつけることによって動画にメリハリを出せます。フリーで様々な効果音を手に入れることができるため、嬉しい・悲しいなどの感情を表現できる効果音をストックしておきましょう。

効果音を追加するタイミングは、次の通りです。

  • 何か視聴者に主張したい時
  • 補足説明を表示する時
  • 出演者の発言・行動にツッコミを入れる時

動画のコンセプトや内容によって、どのような効果音を追加するのかは異なりますが、ある程度のパターンを自分なりに作っておきましょう。

4.【動画編集のテクニック③】オープニング・エンディングを設定する

動画編集の第四段階では、動画にオープニング・エンディングを設定して動画の完成度を高めます。まずオープニングに関しては必須ではありませんが、設定した方が他のチャンネルと差別化することが可能です。
ただし、オープニングが長すぎると視聴者が離脱するおそれがあるため、3秒~5秒におさめましょう。

一方、エンディングは動画の完成度を高めるためには、必要不可欠です。エンディングでは、動画へのコメントやSNSアカウントへのフォローなどを訴えましょう。
エンディングにおける視聴者の行動を促す内容の有無で、動画に対するコメント数やSNSへのフォロー状況は大きく異なります。

5.プロの力を借りることも完成度の高い動画を用意する方法の一つ

クオリティの高い動画を用意するためには、プロの力を借りて動画を制作することも一つの手段として挙げられます。動画編集のコツやテクニックを習得するためには、一定の時間と努力が必要です。
また、最初からクオリティの高い動画を制作することは、不可能であるといえます。一方、動画編集のプロである制作会社に依頼すると、費用はかかりますがクオリティの高い動画を確実に用意できます。

動画制作のプロである「ちゅるんカンパニー」では、映像コンテンツの企画・構成・撮影から、CG制作や編集まで映像制作に関するすべての工程に対応することが可能です。
また、幅広いジャンルで数多くの動画を制作しているため、自分では思いつかないような動画アイディアの発見を期待できます。
最初からプロのクオリティを動画に求める人は、ちゅるんカンパニーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

近年、動画を積極的に活用する人や組織が増えています。このような流れに伴って、動画編集に取り組む人が増加傾向にあります。

しかし、プロと素人では動画編集に対する根本的な理解やテクニックに差があるため、動画のクオリティにも大きな差が生じます。動画編集のコツを覚えて、簡単にスキルが上がるというわけではありません。

クオリティの高い動画を制作したい時は、動画制作会社に依頼することがおすすめです。特に、企業活動で動画を活用したいと考えている人は、確かな実力のある動画制作会社に作品制作を依頼してみてはいかがでしょうか。

Pgae top