動画マーケティングとは|メリット・デメリットと成功のポイント

近年ではスマートフォンの普及により、動画サイトやSNSから最新情報を得る方が増加しています。場合によっては、テレビがインターネット発の情報を利用する状態です。

マーケティングにおいてもインターネットを利用したPRが重視されており、主流となっている方法の1つが動画マーケティングです。動画マーケティングが成功できれば、自社に大きなメリットと利益をもたらします。

この記事では、動画マーケティングの概要について、成功させるためのポイントも含めて解説します。メリット・デメリットも解説するため、動画マーケティングのことを知りたい方は参考にしてください。

1.動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、映像コンテンツを利用したマーケティング方法です。商品PRの他にブランドイメージの浸透や、サービスへの関心を集める目的で活用されます。

キャッチーな映像は文字を羅列したPRよりも幅広い層に受け入れられやすく、SNSなどで即座に拡散されるため、周知しやすいことが特徴です。

動画投稿サイトやSNSが一般的に広く普及した現在、幼児や小学生が個人製作の動画作品に夢中になる様子は、珍しくありません。
子どもに限らず、料理動画を見る主婦・主夫やスポーツ動画を見る高齢者など、インターネット上の動画コンテンツは世代を問わず身近な存在となっています。

このような現代の特徴を活かしたアプローチ方法として、動画マーケティングは年々注目度を上げ、さまざまな企業・団体が活用しています。

1-1.動画マーケティングが注目されている理由

動画マーケティングが注目されている理由は、動画投稿サイトやSNSなどの普及以外に、企業にとって効果が出やすい点もあげられます。
たとえば、インフルエンサーを活用した動画マーケティングが代表的です。

人気の動画投稿者は、インフルエンサーとして多くの企業やユーザーに注目されており、インフルエンサーの影響力によって商品売り上げが左右されることもあります。
実際に、インフルエンサーが紹介した商品が、紹介した2〜3日後に売り切れてしまうことも珍しくありません。
また、無料Wi-Fiや大容量通信プランの普及もあり、場所や時間を問わず動画を視聴できる環境が整ったことも、動画マーケティングが注目されている理由です。

2.動画マーケティングのメリット・デメリット

動画で商品やサービスの魅力を伝える動画マーケティングには、さまざまなメリットとデメリットがあります。中でも特に注目すべきメリット・デメリットは、それぞれ以下の通りです。

〇メリット1:文字以上に多くの情報を伝えられる
静止画と比較すると、動画はより多くの情報を短時間で伝えることができます。
たとえば3通りの着こなし方ができるファッションアイテムをPRする場合、静止画では着こなし方が複数あることを文字と写真で伝えなくてはなりません。
動画の場合、出演するモデルが実際に着方を変えて見せることで、一度に複数の着こなしができることはもちろん、アレンジの手順も伝えられます。

多くの文字あるいは画像を要する内容も、動画では短時間でストレスなく知ってもらえる点が大きなメリットです。

〇メリット2:拡散効果で世界に広がりやすい
テレビCMと根本的に異なる部分が、拡散効果です。
動画コンテンツの場合、投稿したWebサイトの機能や各SNSの機能を利用することで、容易に拡散できる手軽さがあります。

少しでも気に入った動画を即座に拡散して感想を共有できるうえ、地域や時間帯の制限なく楽しむことが可能です。
前日に話題となった動画や一部の地域でのみ発表された動画が、翌日には世界中に拡散されていることも珍しくありません。

〇デメリット1:動画制作にはスキルや機材が必要
話題となる動画を作るためには、高いスキルや専用の機材が必要です。
多くの企業において、動画制作に最適な環境や人材があるとは限らないでしょう。撮影場所や出演者も手配しなくてはなりません。

短い動画であっても、ある程度の製作時間は必要です。

〇デメリット2:視聴環境に効果が左右されやすい
動画マーケティングの難しいところは、視聴されれば必ず効果が期待できるとも限らないことです。想定した環境で想定した通りに見てもらわなくてはなりません。

たとえば音楽やナレーションに特徴がある場合、音を出せない状況で映像だけを見ても、動画の魅力は半減されます。
そのため、視聴が効果に直結しないことも想定したうえで、動画を作成することが必要です。

3.動画マーケティングを成功させるためのポイント

動画マーケティングを成功させるためには、動画制作の基礎を理解しておかなくてはなりません。
制作費用が無駄になることを防ぐためにも、重要なポイントは理解しておきましょう。

ここでは、動画マーケティングの成功に欠かせない2つのポイントについて解説します。

3-1.目的を理解する

まずは何のために動画マーケティングを行うのか、目的を明確化しましょう。
目的が不明瞭な状態で動画製作に入ると、伝えたい部分が分かりにくい内容に仕上がってしまいます。

動画マーケティングの製作では、以下の3つの目的があげられます。

◯集客
集客は、その名の通り動画を視聴することによって商品やサービスへの関心を高め、実際に来店や企業サイトへのアクセスに導くことを目的としています。

◯ブランディング
ブランディングは、企業や取扱商品・サービスへのイメージアップをはかるために行われます。商品を直接PRするのではなく、開発秘話やこだわり、社風などブランド全体の魅力をアピールします。

◯コンバージョン獲得
コンバージョン獲得は、実際に商品購入やサービス利用など具体的なアクションを誘導することが目的です。商品やサービスを利用する自分がイメージできるよう、商品の利用シーンを紹介する動画や、購入申し込み方法について解説する動画などがあげられます。

実際に動画製作へ入る前に、上記3タイプのうちどの効果を目的とするか、明確にすることが重要です。目的を定めることで、内容にブレのない動画が完成します。

3-2.コツを理解する

動画マーケティング全体の目的が定まった後は、製作のステップに移ります。成功させるコツは、以下の2つを意識して企画を進めることです。

◯コストを抑える
既に動画の素材がある場合、1から撮影する必要はありません。
既存の映像を活用して、できる限りコストを抑えて製作しましょう。
最初のうちは必要以上にコストをかけず、動画製作に慣れるためにも、SNS用の短い動画作りから経験を積んでみてはいかがでしょうか。

◯動画の長さに気を付ける
動画撮影時に気付きにくい失敗の理由が、動画の長さです。
伝えたいことを多く盛り込みたい場合も、必要以上に動画が長時間化しないよう注意してください。
あまりにも長い動画は飽きられやすく、途中で離脱される原因となります。

最初は長時間の作品は避け、数秒程度の短いものから始めましょう。

4.動画マーケティングは専門会社への依頼がおすすめ!

動画マーケティング用の動画は自社制作も可能ですが、効果を出したい方やクオリティを重視したい方は専門会社への依頼がおすすめです。
映像制作のノウハウを持つ専門の製作会社に任せることで、最適な演出と長さの動画をハイクオリティで作成できます。

多くのユーザーに見てもらうために、動画マーケティングはキャッチーさが求められます。専門会社であれば、注目されやすい動画を最適なコストで製作可能です。

ちゅるんカンパニーは、大手のポストプロダクション出身者が多く在籍しており、編集力に自信があります。CD技術も取り入れたハイレベルの映像に、テレビ局スタジオと同レベルの静音環境で収録された音声を加え、短時間でも注目度の高い動画を作成できます。
プランニングから相談可能のため、企画作りで困っている方は、ちゅるんカンパニーへ相談してください。

まとめ

動画マーケティングとは、SNSによる拡散など幅広いアプローチ効果が期待できる、近年主流の広告手法です。老若男女問わず情報を瞬時に伝えられるメリットがあります。

ユーザーが視聴する環境によって効果が左右されやすいデメリットもありますが、拡散力の強さは、動画マーケティングが持つ大きな特徴です。

動画を制作する場合は、自社で制作するよりも専門会社への依頼がおすすめです。依頼する場合は、実績豊富のちゅるんカンパニーに依頼してみましょう。

Pgae top