研修で動画を利用するメリットとは?種類から注意点まで紹介

「社員教育を効果的に行いたい」と考えている研修担当者にとって、研修用の資料に何を使用するかは重要なポイントです。教育方法には紙媒体資料の配布や口頭説明、eラーニングなどがあり、中でも動画を使用した研修は多くのメリットがある人気の方法です。

しかし、研修に動画を使えることは知っていても、「どのように使えばよいか分からない」「動画の作成が難しいのではないか」と躊躇する方も多いのではないでしょうか。

当記事では、動画を使用するメリットや研修内容、動画作成時の注意点などを徹底解説します。

1.研修で動画を利用するメリット

一般的な社内教育では、教材としてリーフレットなどを配布し、口頭で説明する形式が採用されています。一方で、動画を利用した研修は対象者に動画を見せる形式であり、説明が簡単である以外にも多くのメリットがあります。

ここからは、研修動画の代表的な4つのメリットについて紹介し、他媒体との違いも解説します。

1-1.紙で行う研修よりも効果がある

動画は映像と音声を併せた媒体であり、多くの情報量を入れられるという利点があります。情報量の多さこそが、研修で動画を利用する大きなメリットです。

動画を利用した研修は視覚的に説明しやすく、業務フローを説明する際も実際の作業風景を流して理解を促すことができます。その点、紙媒体は数ページ分のテキスト・コラムと画像数点で構成されていることが多いため、動画ほどに表現の幅を広げることはできません。

また、リーフレットやプリントを配布して行う研修では、手元の紙面を読みながら説明を聞かせる方法が一般的です。受講者に高い意欲があれば研修の効果は見込めるものの、手元にある紙面と口頭説明の両方に集中することは簡単ではありません。
動画を利用する場合は受講者の注意が一点に集まるため、学習効果を上げられるでしょう。

1-2.好きなタイミングで視聴できる

研修担当者にとって、研修スケジュールを考えることも悩むポイントではないでしょうか。紙媒体を使用する場合は説明役の講師が必要であり、講師・受講者双方の都合を合わせなければなりません。また、複数人の受講者を一度に集めるため、研修場所の確保も考える必要があります。

研修で動画を利用する場合、研修スケジュールや場所の確保を考える苦労はほとんどありません。動画はパソコンやタブレットで視聴できるため、受講者の好きなタイミングと場所で視聴できます。動画を視聴して疑問が生じた場合は個別に答える形式を取ればよいため、研修の際に教育者を配置する必要もありません。

1-3.何度でも利用できる

リーフレットやプリントといった紙媒体の欠点は、印刷して保管しておくと徐々に劣化することです。紙面が読みづらい状態では学習効果を上げられないため、研修を行うときに原本データから印刷しなければなりません。結果として紙媒体の研修にかかるコストは高くなってしまいます。

動画は一度制作すれば、何度でも繰り返し利用できる媒体です。電子データとして保管できるため基本的に劣化の心配がなく、研修用動画として数年単位で使い続けられます。研修内容に変更が生じた場合は作り直す必要があるものの、紙媒体に比べると印刷や管理の手間が少ないため、コストを削減することが可能です。

1-4.質を均一に保つことができる

紙媒体で研修を行う場合、講師が説明を行います。講師の説明はマニュアル的に行われるものの、講師個人の教え方や説明方法によって、紙媒体による学習効果に微妙な違いが出ることは避けられません。結果として、研修内容の質にムラが生じてしまいます。

研修で動画を利用した場合は、基本的に講師が説明を行う必要はありません。
すべての受講者が動画を通して同じ説明を聞くことができるため、研修内容の質を均一に保つことができます。

2.動画研修の種類とは?

動画研修の種類は、主に以下の3つがあります。研修の種類によって動画で説明すべきポイントは異なるため、種類ごとの違いを把握しましょう。

  • 新人社員研修
    新人社員研修では、就業規則や業務の流れなど、新入社員向けのビジネス基礎知識を教育します。動画内容は、先輩社員が働いている様子やインタビュー、社長のメッセージを含んだドキュメンタリー形式で制作することが一般的です。従業員が担当する仕事だけでなく、全体のフローも説明すると、業務目的や重要性の理解促進に役立ちます。
  • 社内マニュアル
    社内マニュアルでは、業務手順・接客サービス例やトラブル対処法・クレーム対応など、業務で行うべき事柄をマニュアル化して伝えます。マニュアル作成の際は説明すべきポイントを細かく小分けにして、具体的にどのような行動を取るべきか指示する内容が必要です。動画内で実際に正しい業務手順を見せるだけでなく、間違った行動を取ったときの結果も映しましょう。
  • セミナー講習
    セミナー講習は、社員のスキルアップ・意識改革など人材育成を目的として行う研修です。社外から招いたセミナー講師の講義を撮影し、動画として流すことで、実際に受講したときと同じ形式で学ぶことができます。同じ動画を流すことで社員間における感覚・情報の齟齬が起きにくくなり、社内意識を統一する効果が期待できます。
    動画で行うセミナー講習は、ビジネスマナー研修やコンプライアンス研修など、定期的に実施する研修内容に最適です。

3.研修動画を作成するときの注意点

ただ研修動画を制作するだけでは、思うような学習効果は得られません。
ここからは、研修動画を作成するときに注意したい2つのポイントを解説します。

●動画作成の目的をはっきりさせる

研修動画の企画段階で、動画を作る目的を明確化することが重要です。動画作成の目的は、受講者の層や研修内容を踏まえて考えましょう。たとえば新人社員研修の場合は、企業風土や業務について伝える内容を、理解度に応じた教育ができるよう数ステップに分けることが大切です。「視聴する対象は誰か」「研修のポイントは何か」が明確になることで、学習効果を発揮する動画を作成できます。

●権利関係を確認する

研修動画で使用する動画素材は権利関係に注意しましょう。自社で制作したものでない画像や音楽は、他者が著作権を持っている場合もあります。無料サイトなどの著作権フリー素材も、素材提供者の信頼性が確かでなければ安全ではありません。
また、業務上使用する機器であっても他社製品を映す場合は、商標権・意匠権に注意してください。商品名や他社のロゴなど権利が発生する部分を避けて映すか、映り込んだ部分を編集で消す作業が必要となります。

4.研修の動画制作は専門会社への依頼がおすすめ!

動画を使う研修は高い効果を発揮するものの、動画作成の注意点もあるため、自社制作は簡単ではありません。研修動画を用意する際は、動画制作の専門会社に依頼することがおすすめです。専門会社は動画制作に必要な機材・ノウハウを持っており、自社制作よりも完成度の高い動画に仕上げられます。

さまざまな専門会社の中でも、おすすめの制作会社は「ちゅるんカンパニー」です。ちゅるんカンパニーは一貫制作体制を徹底しており、研修動画のプランニングから撮影・編集・MA処理まで、全工程を自社完結しています。制作コストを抑えられることはもちろん、権利関係でも問題が発生することはほぼありません。

また、ちゅるんカンパニーには、多くのテレビ番組や企業CMを手掛けてきた映像制作実績があります。これまでに培ってきた手法を活かすことで、視聴する受講者に研修のポイントが的確に伝わる動画を制作可能です。
クオリティの高い研修動画で、従業員の業務効率化を実現しましょう。

まとめ

研修を動画で行うことには、多くのメリットがあります。視覚的に情報を伝えられる動画は紙媒体よりも研修効果が高く、好きなタイミングで視聴できるため、研修スケジュールを調整する必要はほとんどありません。動画は何度でも研修に活用でき、研修内容の質を均一に保てる点も魅力となっています。

しかし、高品質な研修動画を作成するためには、専門の機材やノウハウが必要です。そのため、研修動画の制作は専門会社に依頼しましょう。専門会社は動画制作のプロであるため、「動画の目的を明確化する」「権利関係に注意を払う」といった注意点も心得ています。
教育効果の高い研修動画を使用したい場合は、一貫制作体制と豊富な実績のあるちゅるんカンパニーに相談してみましょう。

Pgae top