企業がPR動画を制作するメリット|効果的な事例を紹介!

PR動画を使用した宣伝・広告は、自社事業や商品を視覚的な表現で訴求できるため、非常に効果的な方法であると言えます。現在では多くの企業がPR動画を制作し、PR動画制作の流れは大手企業にとどまらないものとなりました。

しかし、いざ「自分の会社でもPR動画の制作を」と考えても、PR動画を制作する際のポイントなどが分からず、PR動画の制作で二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、PR動画を制作するメリットや活用場面、PR動画制作時のポイントを詳しく紹介します。

1.企業がPR動画を制作する理由とは

PR動画とは、視聴者との良好なコミュニケーション構築を目的とした動画です。動画内でさまざまな商品・サービスの紹介を行い、視聴者は動画から得た情報で商品の価値を理解することができます。

近年は自社広告や会社説明会・展示会などの各種イベントだけでなく、採用活動にもPR動画を活用する企業が増えてきました。企業が制作するPR動画の場合、動画内容は会社案内や自社商品の紹介などで、視聴者は取引先企業や消費者となります。

企業がPR動画を制作する理由には、視聴者に向けて豊富な情報量でアプローチできる他、以下のようなメリットが挙げられます。

1-1.PR動画のメリット

PR動画には、主に以下のようなメリットが存在します。PR動画のメリットをしっかりと把握し、自社でPR動画を制作するか否か判断しましょう。

●印象に残りやすい

紙媒体のチラシや静止画に比べて、PR動画は印象に残りやすい点が特徴です。人は動いているものに注意を向ける性質があるため、映像媒体である動画は視聴者の注意を引きつけます。
商品のコンセプトや使用方法も動画を通して説明すれば、短い再生時間でも視聴者は商品について理解を深めることができます。

また、動画はBGM・効果音といった聴覚的要素を加えることもできます。視覚・聴覚の2つを使って視聴者に強い印象を与えられる点は、PR動画ならではのメリットです。

●動画の視聴機会が増加している

現代では、スマートフォン・タブレットの普及や、さまざまな動画サイトの存在もあり、消費者が動画を視聴する機会は増加しました。
休日や帰宅後だけでなく、通勤・通学の時間に動画を視聴する人もいます。
また、制作したPR動画をただ公開するだけでなく、各種SNSや動画サイトの広告として流すことで、より多くの消費者に視聴してもらうことができます。

●拡散する機会がある

PR動画を動画サイトやSNSで公開し視聴者の間で話題となれば、視聴者達によって動画が拡散されます。動画が拡散されると、より多くの人にPR動画が視聴されるため、自社で多大な広告コストをかけずに商品認知度を高めることが可能です。

魅力的なPR動画制作を意識することで、期待以上の宣伝効果を生む可能性があります。

2.PR動画の活用事例

ここでは、実際にPR動画を制作して、会社イメージ・製品イメージの向上のために運用した企業の活用事例を2つ紹介します。

【事例①】

飲料メーカーのA社は、有名スポーツキャスターを起用した商品紹介のPR動画が注目を集めました。
動画内容は映像で商品のイメージを伝えて、スポーツキャスターが視聴者に向けて呼びかけ、応援歌を送るものとなっています。

冒頭の呼びかけがニックネームであり、さらに多数のバリエーションを用意していたことが視聴者間で話題となりました。動画サイトやSNSの拡散で成功した好例と言えます。

【事例②】

化粧品メーカーであるB社のPR動画では、モデルが実際にメイクを行い、3色のアイシャドウでグラデーションをつける方法を紹介しています。
特筆すべき点は、カメラがモデルの右側を中心に撮影し、モデルは顔の右側だけをメイクしている点です。動画が進むにつれて顔の左右で印象が異なってくるため、視聴者は「どのように変化するのだろう」と興味を持ち続けることができます。
最後にモデルを正面から映すことで、メイクによるビフォー・アフターの違いがはっきりと分かる仕掛けとなっています。

3.PR動画制作時のポイント

PR動画を制作する際、ただ商品・サービスを紹介するだけの動画内容では、話題になりづらく成功には繋がりません。話題となるPR動画を制作するためには、ポイントを押さえる必要があります。
ここでは、PR動画の制作において重要な3つのポイントについて解説します。

3-1.目的を明確にする

PR動画を制作する際は、まず制作目的を明確にする必要があります。目的を明確に設定しないまま制作しても、内容にまとまりがない抽象的な動画にしかなりません。
自社がPR動画で得たい成果を考え、制作チームに文章として伝えましょう。

●制作目的の一例

  • 自社サイトの流入数を向上して販売促進に繋げたい
  • 自社商品の認知度をアップしたい
  • 自社のブランディングに活用したい

また、PR動画では「誰に」「何の」情報を伝えたいのかといった、明確なターゲット設定も必要です。最初に設定する目的とターゲットは、制作するPR動画の方向性を決定づける重要なポイントとなります。

3-2.動画の冒頭5秒にこだわる

PR動画は再生時間が数分に及ぶこともあるものの、全ての視聴者が動画を最後まで見てくれるとは限りません。多くの視聴者は動画冒頭を見ただけで、見続けるかやめるかを決定します。そのため、PR動画は冒頭5秒の内容にこだわりましょう。

動画が再生された場合、冒頭部分は必ず視聴者の目に触れるため、冒頭5秒で視聴者を引き込めれば最後まで見てもらえる可能性が大きくなります。PR動画の効果を最大限発揮するためには、視聴者に「もっと見たい」と思わせる冒頭5秒の内容が勝負どころです。

3-3.最後まで視聴しやすい構成にする

視聴者にPR動画を最後まで視聴してもらうためには、視聴しやすい構成で制作することも重要です。いかに動画冒頭を引き込める作りにしても、続きが退屈な内容では視聴者が飽きて動画の視聴をやめてしまいます。

最後まで視聴しやすい構成としては、動画にストーリー性をもたせることがおすすめです。基本的な考え方として、まずは「起承転結」を意識して制作しましょう。内容にメリハリがある動画は、視聴者が飽きることなく最後まで視聴できます。
また、しっかりとしたストーリー展開で視聴者を引き込むことができれば、視聴者が動画のテーマを深く理解でき、共感を得やすくなる点も大きなメリットです。

4.PR動画を制作するならプロに依頼する

PR動画を自社制作する場合、動画制作に慣れておらず、仕上がりのクオリティが低くなったり、伝えたいことが曖昧だったりと失敗する可能性があります。
PR動画の制作では、押さえるべきポイントが多く存在するため、効果的な動画を自社で制作することは難しいと言えるでしょう。

PR動画の制作で失敗したくない場合は、映像制作のプロである専門会社に依頼しましょう。専門会社は映像制作に精通しているため、ポイントを押さえて安定したクオリティのPR動画を制作してくれます。

専門会社に依頼する場合は、プロモーションムービーやテレビCMなど制作実績の豊富な「ちゅるんカンパニー」がおすすめです。
ちゅるんカンパニーは自社で映像制作の全工程を一貫して行えることが強みであり、企業の制作意図を的確に把握して、動画制作に反映してくれます。経験豊富なスタッフの技術により制作されるPR動画は、視聴者の目を引きつける高クオリティな仕上がりとなるでしょう。

PR動画の動画制作の際には、ぜひ依頼を検討してみてください。

まとめ

現代では、視聴方法の多様化などにより動画を視聴する機会が多くなりました。そのためPR動画を使用した商品紹介は、現代において非常に有効な方法と言えるでしょう。
ただし、成功するPR動画を制作するためには、目的を明確にする・構成を考えるなどのポイントを押さえる必要があります。

クオリティが高いPR動画を制作したい場合は、専門の映像制作会社に依頼することがおすすめです。「ちゅるんカンパニー」は経験豊富なスタッフが在籍しており、自社で全制作工程を一貫できる強みを持っています。
PR動画の制作を検討している人は、自社制作にこだわらず、信頼できる専門会社に依頼するようにしましょう。

Pgae top