商品動画を制作する際のメリットやおさえておくべきポイントを解説!

商品販売に携わっている人の中には、商品の説明を行ってもなかなか理解を得られない、と悩む人も少なくありません。

そういった状況では、商品動画を活用することがおすすめとなります。商品動画は、商品説明やサービス紹介をムービー上で行うことで、より視覚的な効果を期待できる説明方法です。

ここでは、商品動画を制作するメリットや、おさえておくべきポイントを解説します。商品動画の利用方法を知りたい人は、参考にしてください。

1.商品説明を動画で行う4つのメリット

商品説明を画像素材やテキストだけで済ませている会社は少なくありません。しかし、商品PRとして動画広告が広く使われているように、商品説明を動画で行うことには多くのメリットがあります。

ここでは、商品説明を動画で行う4つのメリットについて解説します。

1-1.写真よりも印象に残りやすい

人は動くものに注意を向ける性質があります。そのため、動画は写真よりも印象に残りやすいコンテンツといえるでしょう。
動画には音声をつけることもできるため、視覚・聴覚の2つでアピールが可能です

また、実物を手に取ることができないネット上のサービスについても、商品動画は写真より説明を行いやすくなります。企画書・説明書などの紙媒体では伝えきれない商品の魅力を、見た人に疑似体験させることが可能です。

1-2.短時間で多くの情報を伝えることができる

動画は画像を寄せ集めただけのものでなく、シーンの雰囲気や音声など、豊富な情報量が詰まっています。動画を見た人は短時間でも多くの情報を得られるため、商品説明に最適です。受動的に情報が入ることにより、説明者の言葉を聞かされるよりも相手のストレスは軽減されます。

また、動画はさまざまな表現手法があり、演出によって商品のイメージを作り出すことが得意です。短い時間であっても商品の特性やポイントをリアルに伝えられる点は、動画ならではのメリットといえます。

1-3.他媒体での拡散などにより商品購入に繋がりやすい

イベント・商談での商品説明で利用するために制作した商品動画は、Webサイトに設置するだけでなく、他媒体に転用することができます。たとえばSNSでのプロモーションで利用することや、動画サイトにアップして商品認知に役立てるなどです。

インターネットが整備され、スマートフォンも普及している現代において、他媒体に転用した動画は一般消費者もチェックできます。SNSで話題になるとすぐに拡散されるため、一躍流行の商品となるケースも少なくありません。商品説明の動画が、低コストで爆発的な宣伝効果を得られる商品広告となります。

1-4.企業のブランディング効果が上がる

商品動画は商品そのものを説明するだけでなく、商品や企業のイメージにも影響を与えるものです。イントロで世界観を構築し、BGM演出にも気を配った商品動画は、企業のブランディング効果が期待できます。動画が拡散されることで商品の認知度も高まり、会社のイメージ向上にも役立つ点は、商品動画の大きなメリットです。

また、商品動画はターゲット像を絞ることにより、他媒体で拡散した際にターゲットを獲得しやすくなります。

2.商品動画を制作する際におさえておくべきポイント3選

商品動画にはメリットが多いものの、ただ商品を説明するだけの動画を制作しただけで、視聴者の注目を集めることはできません。

商品動画を制作する際には、利用者・視聴者の購買意欲を湧かせるためのポイントをおさえることが必要です。

ここでは、商品動画を製作する際におさえておくべきポイントを3つ解説します。

2-1.誰に何を伝えたいのか目的を設定する

商品動画を制作する際は、動画の利用目的を明確にすることが重要です。ターゲット層を絞り込み、ターゲット層に対して訴求力がある内容にしましょう
ターゲティングは性別・職業・年齢などの属性で考えることがおすすめです。ターゲット層と伝えたい内容が明確であれば、商品の魅力を最大限に活かす動画を制作できます。

設定した動画の利用目的は、関係者にしっかり伝えられるよう明文化しましょう。制作準備に入る段階で動画制作の目的が明確になっていると、制作関係者に方向性や制作イメージを伝えやすいため、制作工程もスムーズに運びます。

2-2.商品のポイントを強調して伝える工夫をする

商品動画は単なる説明だけでなく、商品の魅力も感じてもらうためのツールです。動画制作の際は、商品のこだわりや使用風景を映して視聴者にアピールしましょう
たとえば化粧品の場合、発色や利用シーンなど、商品の魅力とターゲット層が求めるものを分析して動画に落とし込む必要があります。

また、サービス内容について説明する場合は、サービスが商品として成り立つまでの過程を動画に盛り込んでみましょう。開発チームによる企画進行や提供準備の様子は、サービス提供がしっかりした基盤の上で行われていることを示します。

提供されるサービスの目に見えない舞台裏を映すことは、視聴者に信頼感や安心感をおぼえさせるための重要なポイントです。

2-3.商品利用者の立場になってシナリオや構成をしっかり組んでおく

再生時間をまるまる商品説明に費やすだけの動画は、視聴者が飽きて離脱してしまいます。商品動画を最初から最後まで見てもらうためには、視聴者を飽きさせないための工夫が必要です。動画を視聴する商品利用者の視点に立って、シナリオや構成をしっかり組んでおきましょう

また、動画を視聴する人は、冒頭から見てくれるとも限りません。途中から視聴した場合でも、動画の内容に興味を持てるように工夫して作ることが重要となります。視聴者を動画に引きつける構成・編集方法は以下のとおりです。

  • 動画全体にストーリー性を持たせる
  • BGMにテンポのいい音楽や効果音を使用する
  • 動画の途中で簡単な謎かけをして、動画終盤に答えを見せる

面白い映像や、視聴者の予想を裏切るようなストーリー展開で動画を構成することもおすすめです。面白い内容の動画は話題性が出るため、SNSで拡散されることで広く商品認知されるきっかけとなります。

3.商品動画は専門の制作会社へ依頼することがおすすめ!

商品動画を制作するにあたっては、社内で企画を進行することの他にも考えるポイントがいくつかあります。動画制作に必要な準備は、一例として以下のとおりです。

  • 制作予算の決定
  • 出演モデルの有無と選定
  • クリエイターの確保
  • 構成案作成や撮影素材数の決定
  • 撮影場所の検討
  • 機材準備
  • 関係者のスケジュール調整

以上の準備も含めて、実際に動画制作を企画してから完成するまでには膨大な時間がかかります。全てを自社だけで進行させると、時間だけでなく労力も大きくかかる点に注意してください。

商品動画の制作をスムーズに進行させるためには、映像専門の制作会社に依頼することがおすすめです。制作会社は映像制作物についてのノウハウと精鋭クリエイターが揃っているため、クオリティの高い商品動画を制作することができます。

制作会社へ依頼する際には、制作会社と綿密な打ち合わせを行うことが大切です。どのような商品をPRしたいのかだけでなく、以下に挙げる依頼のポイントをきちんと伝えてください。

  • 商品動画の活用目的
  • 完成動画のイメージ
  • かけられる予算
  • 納期

制作会社と共通の完成イメージを持つことで、目的にブレることのない商品動画を制作することができます。

まとめ

ここまで、商品動画を制作するメリットや、おさえておくべきポイントを中心に解説しました。

商品動画は、写真で商品説明を行うよりも効果的に訴求できる方法です。SNSや動画サイトにアップできるため、商品の認知度を高めてブランディング効果が期待できる点も見逃せません。

商品動画の制作には、おさえておくべきポイントや準備が多く存在します。動画制作にかかる負担を減らしつつ、高クオリティの商品動画を作りたい場合は、映像専門の制作会社に依頼することがおすすめです。

Pgae top