プロモーション動画・映像制作で得られるメリット

プロモーション動画はマーケティングに効果的と言われている一方で、「何がどういいのか」「どうすれば作れるのか」ということを疑問に思う人も少なくありません。

また、そもそもプロモーション動画とは何か、詳しく説明できない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、プロモーション動画の概要や、プロモーション動画・映像を制作し、公開することで得られる効果とメリットについて解説します。実際に制作する場合の注意点なども解説するため、プロモーション動画に興味のある人は参考にしてください。

1.プロモーション動画とは?

プロモーション動画とは、企業の事業内容や自社商品、サービス紹介や販売促進を目的として作成・公開される動画のことです。以前は映像を使用した宣伝としてテレビや映画・音楽・ゲームといったものが代表的でした。
現在では、さまざまな製品やコンテンツの紹介にプロモーション動画が利用されています。

プロモーション動画は文章や静止画だけのコンテンツに比べて、視覚と聴覚へ直接訴えかけることができるため、短い時間で多くの情報を伝達することも可能です。動画の構成内容も、製品の制作過程から一風変わった利用方法、ドキュメンタリー風やドラマ形式、自治体による地元観光地のPRなど多岐に渡ります。

形のないものや、直接手に取ってもらえないものに対して高い宣伝効果が期待できるため、非常に注目を集めています。

2.プロモーション動画による効果・得られるメリット

自社の戦略に合ったプロモーション動画を制作して配信することは、数多くの効果をもたらします。インターネット上による広告商戦が活発になる中、動画を利用した宣伝は非常に効果的な手段です。

ここでは、プロモーション動画がもたらす効果やメリットについて、4つのポイントに分けて解説します。

2-1.伝えることのできる情報量が多い

プロモーション動画で得られる最大のメリットは、閲覧者に対して短時間でより多くの情報を伝えられることです。

文章だけの広告よりも、写真や画像といった視覚から訴えかける作りのほうが、閲覧者の目に留まりやすくなります。美しい写真やイラストを使用したり、カラフルな文字の装飾をしたりといったチラシ広告やパンフレットなどは、その代表格です。

しかし、動画の持つ情報伝達能力は、チラシ広告やパンフレットなどとは比較になりません。ただ画面が動くという刺激だけでなく、動画であれば視覚以外に聴覚からも情報を伝えることができます。
一度に伝えられる情報量も、文章であれば数十ページ分必要なことに対して、動画はおよそ1分程度で多くの情報を伝えることが可能です。

また、プロモーション動画でできることは、ただ情報を伝えるだけではありません。動画の内容にストーリー性を加えるなど演出を工夫すれば、閲覧者の興味や関心を引くことができ、自社サイトなどへ誘導することもできます。

2-2.閲覧者に強い印象を与えることができる

静止画では不可能な表現方法を利用できる動画は、閲覧者に強い印象を残すことが可能です。

動画内でCGやアニメーション、音響効果を活用することで、現実ではあり得ない動きや風景を取り入れることができます。奇妙な動きや美しい映像によって「あれは何だろう」と思った閲覧者の興味を引き、視線を向けさせることも可能です。
斬新なシナリオ構成や工夫された映像編集を併用した動画は、閲覧者の脳裏に深く焼き付けられます。

動画の内容に興味を持ってもらえた場合は、自社に対しての興味も高めることが可能です。

2-3.動画を見る機会や手段が増えたため宣伝効果が高い

動画を閲覧するためにはたくさんのデータ容量が必要となるため、ほんの数年前まではスムーズな視聴環境を確保するためにパソコンが必須でした。

しかし、高速・大容量に対応した通信環境の整備状況や、スマートフォンといった高機能な携帯機器の発達・普及は爆発的に増えています。簡単に動画を閲覧する機会や手段も整っているため、動画を閲覧する人の数も増加中です。

今後もさらなる技術の発達が見込まれることから、SNSや動画投稿サイトなどでの動画の閲覧者数も伸びることが期待されます。多くの人の目に触れる機会が増え続けることもあるため、自社のプロモーション動画を公開することには、高い宣伝効果が期待できます。

2-4.再生数が稼げればそれだけでも話題になり効果がある

YouTubeなどに投稿した動画が多くの再生数を稼げれば、人々の話題になりやすくなります。一般的に、話題性が高い動画の内容やジャンルに制限はありません。

特に100万再生などの大台に乗った動画はSNSで拡散されることもあり、さらなる認知の拡大が可能です。また、一度世間の話題になった動画は、その後も拡散され続ける傾向があります。

動画に対する反応が好意的であればあるほど、自社への好感度も上がっていくことは珍しくありません。動画の再生数を稼ぐことは、自社の周知やイメージアップに対して、高い効果が望めます。

3.プロモーション動画を作る際は専門会社に依頼がおすすめ!

プロモーション動画の作り方には、大きく分けて3つの方法があります。

  • 自分で制作する
  • 個人に依頼する
  • 企業に依頼する

プロモーション動画は自分で制作することも可能です。ただし、希望する動画の内容によっては、以下の例を代表として多額の出費が伴うこともあります。

  • カメラやマイクなどの機材購入費
  • パソコンや動画編集、制作ソフトの購入費
  • スタジオのレンタル料
  • モデルや俳優の出演料

また、動画を制作するときには、動画制作の企画・進行などのさまざまな仕事も付随します。今後何十個も動画を制作する可能性がある場合、全ての費用と人手を自前でまかなうことは、現実的ではありません。

個人に依頼する方法では、全体的に費用を安く抑えられることが特徴です。
ただし、撮影だけや編集だけなど業務の一部しか請け負っていない場合や、製作技術力にばらつきがある場合もあります。個人へ依頼する際には一人一人の能力の見極めや時間管理が必要になるため、安い分の手間がかかることも少なくありません。

プロモーション動画の作成サービスを専門に請け負っている会社では、全ての工程を自社内で一貫して行うことがほとんどです。一流の機材や、経験豊かな人員をそろえていることも珍しくありません。
他の方法よりも費用はかかりますが、その分クオリティの高い動画ができあがります。動画に高い完成度を望む場合は、専門会社への依頼がおすすめです。

4.専門会社へ動画の制作依頼をする際は目的などをしっかり伝える

動画制作を依頼する際には、動画のターゲット層や目的・テーマ・完成イメージなどを明確にした上で、最初にしっかりと伝えることが重要です。

依頼先に伝える内容があやふやのままでは、できあがってくる動画の内容もぼやけたものとなってしまいます。動画制作の専門会社であっても、必要な情報を得られなければ最高の動画を完成させることもできません。
また、納得がいかないといって差し戻しを繰り返していれば、完成までの時間や費用がかさむこともあります。

動画制作を依頼するときはしっかりと情報を共有して、共に最高の作品を作り上げる意識を持つことが必要です。そのような意識を持って依頼した動画は、効果的なプロモーション動画になっていることが多くあります。

まとめ

ここまで、プロモーション動画・映像を制作し、公開することで得られる効果やメリットについて解説しました。

プロモーション動画は、短時間で大量の情報を伝えることが可能です。通信環境や設備、機器の発達により、これからも動画を閲覧する機会や手段は増えるでしょう。しかし、多くの人に動画を見てもらうためには、印象に残りやすい動画を作る必要があります。

全ての機材や知識、人員をそろえて制作することは不可能ではありません。ただ、プロモーション動画の早期成功を望む場合は、専門機材とスタッフをそろえた映像制作の実績がある専門会社の利用がおすすめです。

Pgae top