動画制作を依頼した際の料金相場と費用を抑える方法

近年ネット広告の市場が拡大傾向にあります。特に動画は他の広告よりも伝えられる情報量が多いうえに動画閲覧方法の普及もあり、今後も需要が増え続けることは間違いないでしょう。

CMやPVを作成する際、動画制作を専門の企業へ依頼しようと考える方も多いでしょう。依頼する際に気になる点が動画制作の料金についてです。

そこで今回は、動画制作を依頼した場合の費用相場や、依頼する際に伝えるべきこと、動画制作の料金を抑える方法について解説します。

1.動画制作を依頼した際の種類別料金相場

動画制作を依頼した際の価格は、動画の種類によって異なります。主な種類別の料金相場については下記の通りです。

動画の種類 料金相場
インタビュー撮影 3〜15万円
セミナーやイベントの撮影 5〜80万円
Webムービーの制作 20〜100万円
会社案内やプロモーション映像の制作 20〜150万円
テレビCMの制作 50〜300万円

自社で所有する素材を中心に動画を制作する場合は、上記相場と同程度の料金で依頼できるでしょう。ただし、動画の制作料金はその内容によって変化します。制作料金を大きく上げる具体的な例としては、下記のような内容があげられます。

  • タレントの起用
  • 衣装やメイクの利用
  • 長時間動画の制作
  • ドローンなど特殊機材の使用
  • 3D映像の作成

一般的には、動画の内容にオリジナリティやこだわりを求めるほど料金が上がります。動画制作を依頼する際に上記のような条件を考えている場合には、一般的な料金相場よりも高額となることを覚えておきましょう。

1-1.料金の内訳

依頼料金は動画制作の内容によって異なることは前述のとおりです。では、動画制作にかかる料金の内訳はどのように構成されているでしょうか。

動画制作費用は主に「企画費」「撮影費」「編集費」の3つに分けられます。そして、3つの項目それぞれに人件費やレンタル代など様々な経費がかかります。その具体的な構成と内容について、以下の表に示します。

企画費
企画構成費 動画の構成を考案するための費用。クライアントからのヒアリングに基づき、動画の細かい内容を決定する。
ディレクション費 映像の演出を担当するディレクターにかかる費用。撮影する場所や日程など、動画制作のスケジュールを作成する。
撮影費
撮影費 カメラマン、照明、音声など撮影に必要なスタッフにかかる費用。撮影の規模によって、スタッフの数と人件費が変化する。
スタジオ利用費 撮影場所であるスタジオをレンタルするための費用。会社やイベント会場の撮影など、スタジオをレンタルする必要がない場合、スタジオ利用費はかからない。
機材費 カメラ、照明、音声機器などをレンタルするための費用。それぞれの撮影機材は、性能や機能によって費用が大きく変化する。
交通費 スタッフを派遣する際、交通にかかる費用。撮影場所が遠方になると、飛行機代や新幹線代が発生し費用が高くなる。
美術費 撮影に利用するセットや道具を作成するための費用。道具をオリジナルではなくレンタルにすると、費用を抑えられる。
キャスティング費 出演者を起用するための費用。有名人を利用する場合は、費用が高くなる。
編集費
編集費 撮影後に映像編集するための費用。音楽や字幕の挿入、無駄な映像のカットを行う。
素材制作費 動画に挿入する写真やイラストの制作にかかる費用。既存の素材を利用すると費用を節約できる。
音響効果費 効果音やBGMにかかる費用。オリジナルの音源を作成すると費用が高くなる。
ナレーション費 動画のナレーションを担当するナレーターにかかる費用。ナレーターの実績や実力によって費用が変化する。

2.動画制作を依頼する際に伝えるべきこと

動画制作を映像会社へ依頼する際には、動画の種類や使用用途などを細かく伝える必要があります。もしも依頼先への希望が曖昧だと、動画の出来栄えだけでなく納期にも影響するでしょう。

では、動画の企画や構成について自社で考えていることを、映像会社へどのように伝えるべきでしょうか。動画制作を依頼する際に伝えるべき項目を具体的に解説してます。

2-1.動画のテーマや完成イメージ

まず動画制作において大切なことは、動画のテーマを決めることです。動画を見る人に何を伝えたいのかを明確にしましょう。

料金を支払って動画を発注するため、様々な内容を伝えようと考えてしまう可能性もあるでしょう。しかし、情報を詰め込み過ぎてしまうと、見ている人に情報が伝わりにくくなってしまいます。

動画で伝えたい内容は、思い切って1つに絞ることを意識しましょう。テーマを絞ることにより動画の完成イメージも明確になり、映像会社に希望を伝えやすくなります。

2-2.ターゲット層

動画を制作するにあたっては、ターゲット層を考える必要があります。特にターゲットを考える際に重要な項目が、対象者の年齢です。

例えば、対象者の年齢が10~20代と低い場合は、スマートフォンで動画を視聴する機会が多くなります。スマートフォンは画面が小さいため、映像を見やすくするための工夫が必要となるでしょう。

逆に、対象者の年齢が50~60代と高い場合には、スマートフォンで視聴する機会は少なくなります。テレビによるCMなど、配信媒体を考える必要があるでしょう。

ターゲット層は具体的であればあるほど、動画制作の目的が明確となります。年齢、性別、職業、家族構成など視聴者の情報を詳細に設定することで、効果を発揮しやすくなるはずです。

2-3.視聴後にどのような行動を起こしてほしいか

時間と費用をかけて動画を制作しても、動画を見た人が視聴後に行動を起こさなければ、制作を依頼した側への利益や意味がありません。企画時の打ち合わせで動画を作る目的を明確に設定しましょう。

商品の売上を増やす目的であればリアリティのある動画、SNSによる拡散を狙う目的であればオリジナリティの高い動画など、目的によって制作する映像タイプが変化します。

視聴後にどのような行動を起こしてほしいか考えることで、動画の目的を明確に伝えられます。依頼者と映像制作会社の意思が一致すれば、よりクオリティの高い動画を制作できる可能性が高まるはずです。

3.動画制作を依頼する際の料金を抑える方法

動画制作にはディレクターやカメラマン、編集者など多くのスタッフが関わるため高い費用がかかります。しかし、できるだけ動画制作の料金を抑えたいと考える依頼者も少なくないでしょう。

依頼者の工夫次第では、限られた予算でクオリティの高い動画を作成することも可能です。動画制作を依頼する際の料金を抑えるための具体的な方法を紹介します。

3-1.自前で用意できるものは用意する

動画制作の料金が上がる理由として、台本や映像に挿入する素材の制作費用があげられます。例えば、CGやオリジナルキャラクターを作成すると、料金は大きく上がってしまうでしょう。

そこで、自前で用意できるものを依頼会社に提供すると料金を抑えられます。「企画書を自社で制作する」「所有している写真やイラストを提供する」などの工夫を行うことで、依頼する動画制作の工程を削減でき、費用を抑えることに繋がるはずです。

3-2.依頼会社を比較し要望にあった会社を選ぶ

前述した動画制作の料金相場はあくまでも参考価格であり、実際の料金は映像制作会社によって異なります。同じ内容の動画を依頼しても、各社費用には差があることでしょう。

マーケティングに長けた会社、製作期間が短い会社、編集作業を得意とする会社など企業によって様々な強みが存在します。その特徴の違いが料金の差を生み出しているわけです。

動画制作の料金を抑えるためには、複数の業者に見積りを依頼し、求めるコストとサービスを両立している会社を選ぶことが大切です。

まとめ

動画制作においては、その依頼方法や制作相場を知っておくことが肝心です。動画の品質は依頼者と制作者の意思疎通によっても大きく変化します。テーマやターゲットを設定することで、伝えるべきことが明確になるはずです。

事前準備を怠らないことで、依頼料金を抑えることが可能となります。費用をかければ良い動画は出来るかもしれませんが、使用できる費用にも限りがあるため、依頼料金を抑えるにこしたことはないでしょう。
動画制作の依頼を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

Pgae top