動画制作を依頼するメリット|相場から会社を選ぶ際のポイントまで

近年はセミナーやイベント、会社PRなどで、映像コンテンツを用いる企業が増えました。より品質の高い動画を手軽に制作するために、外部へ依頼しようと考えている方が多い傾向です。

しかし、動画の仕上がりや費用を心配して、なかなか外部への依頼に踏み切れないこともあるでしょう。

そこで本記事では、動画制作を外部の会社に依頼するメリットや、費用の目安について解説します。会社を選ぶ際のポイントについても紹介しているため、動画制作の依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1.動画制作を依頼するメリット

近年は、動画制作を外部に依頼せず、自社のみで行う会社も増加傾向です。動画制作を社内で行うことには、以下のようなメリットがあります。

【社内で動画を制作するメリット】

  • アイデアが出てから、すぐに制作に取りかかることができる
  • 臨機応変に細かな編集ができる
  • 外部に依頼した際にかかる予算を削減できる
  • 撮影するサービスや商品を外注先に説明する手間が省ける
  • 情報流出のリスクを少なくできる

しかし実際には、動画制作は簡単に社内で行えるわけではありません。社内で動画制作を行うにあたっては、以下のようなデメリットもあります。

【社内で動画を制作するデメリット】

  • 映像制作チームを立ち上げる必要がある(人件費がかかる)
  • 高度な動画の撮影・編集技術が求められる
  • 動画制作に関する知見が少ないと、品質の落ちることがある
  • ロケ地や撮影場所、機材の準備などを加味すると、結果的に外注よりも時間とコストを必要とすることがある

社内で動画を制作する際に発生する問題は、外部の会社に依頼することで解決できます。ここでは、動画制作を外部に依頼するメリットについて詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

1-1.品質の良い動画をつくってもらえる

動画制作会社はプロの集まりです。自社で動画制作のプロを抱えている場合を除いては、動画制作会社に依頼した方が、品質の高い動画が出来上がります。
最新の撮影機材やソフトウェアを揃えている動画制作会社であれば、細かい部分にまでこだわった作品を制作することが可能です。

品質の高い動画には、視聴者に対する訴求力があります。細部にまでこだわりを持った動画を制作することで、配信者の期待する効果を視聴者に与えることができるでしょう。

視聴者に対する影響力の大きい動画を制作するために、品質にこだわりたい場合は、専門の動画制作会社に依頼することがおすすめです。

1-2.プロならではのアイデアを提供してもらえる

動画制作会社には動画制作のプロが集まっています。プロならではの経験やノウハウによって、自社では出せなかったようなアイデアを出してもらえることが、動画制作会社の力を借りる魅力です。

例えば、動画の演出や撮影アングルなどは、プロでなければ良いアイデアを出せません。しかし、動画制作会社のプロであれば、最新のトレンドを取り入れた演出や効果的な撮影アングルを提供してくれます。

プロならではのアイデアを提供してもらうことで、より品質の高い動画を制作することが可能です。社内では気付けなかった視点を動画に盛り込むことで、より訴求力の高い映像が出来上がるでしょう。

1-3.新たに機材を揃える必要がない

動画制作会社は、最新の機材・ソフトウェアを一通り揃えています。社内に動画制作を行うために必要な機材がなくても、動画制作会社に依頼すれば問題ありません。

社内で動画制作を全て行う場合は、カメラや編集ソフトを始めとするさまざまな機材・ソフトウェアを購入する必要があります。機材・ソフトウェアを購入する初期費用だけでも、膨大な経費の投入が必要です。

機材購入にお金をかけたくない場合は、最初から動画制作会社に依頼しましょう。

2.動画制作を依頼する際にかかる費用の種類と相場

動画制作には、以下のような費用がかかります。

■企画製作費
動画の企画を構成したり、進捗を管理したりするためにかかる費用

■撮影技術費
スタジオやキャスト、機材などを用意するためにかかる費用

■編集技術費
撮影後の映像編集を行うためにかかる費用

動画制作にかかる総費用の目安は、以下の通りです。

動画の用途 費用相場
インタビュー撮影 3〜15万円
セミナー・イベント用 5〜80万円
Web用 20〜100万円
会社紹介・広告用 20〜150万円
テレビCM用 50〜300万円

動画の用途が同じであっても、かかる費用は一概に同じとは限りません。具体的な費用を知りたい場合は、動画制作会社に直接問い合わせましょう。

また、動画制作においては、以下のような要素で費用が変動します。

【動画制作の費用が変動する要素】

  • 用意する機材の種類
  • 撮影場所
  • 動画制作にかかる時間や日数
  • 役者やモデルの有無
  • 美術や衣装の有無
  • CGやアニメーションの有無
  • 字幕やナレーションの有無
  • 効果音やエフェクト音声の有無
  • 納期

少しでも動画制作にかかる費用を抑えたい場合は、以下のポイントを意識しましょう。

●動画制作会社に丸投げせず、自社でできることは自社で行う
動画制作会社の作業量が減ることで、請求される費用の削減に繋がります。例えば動画の企画を自社で行い、企画・構成案を動画制作会社に渡す形を取れば、相手側の作業量を削減することが可能です。またBGMやイラスト、写真などを自社で用意することも動画制作会社の工数削減に効果があります。

●複数社に見積りを依頼する
複数社に見積りを依頼することで、それぞれの費用を比較して、最も安く制作できる会社に依頼することができます。1社のみの見積りであると、金額が適性価格か否かの判断ができません。もちろん「費用が安い=良い会社」とは限りませんが、妥当な金額で制作を行ってもらうために、複数社への見積り依頼は大切です。

これらのポイントを抑えて、動画制作を行う際の依頼費用を抑えましょう。

3.動画制作会社を選ぶ際のポイント

動画制作を外部に依頼する際は、自社のコンセプトやイメージに合った動画に仕上げてもらうことが大切です。そのためには、撮影内容や費用だけではなく、いくつかのポイントを踏まえたうえで動画制作会社を選ぶ必要があります。撮影内容や費用だけで会社を決めてしまうと、期待通りの動画に仕上がりません。

ここでは、動画制作会社を選ぶ際のポイントについて解説します。動画制作を外注する前に、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

3-1.動画専門会社としての実績がある

動画制作を専門とする会社としての実績が多ければ多いほど、品質の高い動画が期待できます。

近年は新しい動画制作会社が続々と誕生しており、中にはノウハウやスキルの乏しい会社が存在していることも事実です。実績がない会社に依頼すると、期待通りの動画に仕上がる保証はありません。

動画制作に関して10年以上の実績を持つ会社であれば、安心して制作を任せられます。また、過去の制作物を確認させてもらい、品質をチェックすることもおすすめです。

3-2.会社でスタジオを用意している

自社スタジオがある動画制作会社は、柔軟な撮影が可能です。

自社スタジオがない会社であると、スタジオのスケジュール調整に時間がかかったり、再収録が難しかったりします。結果として予想外に制作時間がかかったり、追加の費用が発生したりすることも少なくありません。

動画制作を依頼する際は、会社が自社スタジオを持っているか否かをチェックしておきましょう。

3-3.担当者の質問対応が早い

動画制作を外部に依頼する場合は、担当者の質問対応が早ければ早いほど望ましいです。

動画制作は自社の希望を逐一伝えたり、細かい部分を修正したりと、担当者とコミュニケーションを取る機会が多くあります。しかし、担当者の対応が遅ければ、スムーズに仕事が進みません。また、想定外のトラブルが起こった際も、担当者からの素早い対応が求められます。

複数社に見積り・問い合わせを行う場合は、料金や提案内容だけではなく、スピート感も会社選びの参考にしましょう。

まとめ

動画制作会社に依頼することで、社内で制作するよりも高品質な作品を仕上げることができます。外部の会社に制作を依頼するため一定の費用が必要ですが、専門の機材・ソフトを揃える必要がないため、自社制作に比べて費用総額を抑えることが可能です。

動画制作会社の費用は、制作する動画内容や必要機材によって変動します。できるだけ費用を抑えるためには、複数社に見積りの依頼を行うことがおすすめです。

料金だけではなく、会社の実績やスタジオの有無、対応スピードも動画制作会社を選ぶ際には鍵となります。この記事で紹介した会社選びのポイントを踏まえて、高品質な動画を制作できる会社を選びましょう。

Pgae top